.NETで、ダイアログフォームなど子画面からの戻り値を条件によって変更する。

通常は、buttonコントロールのDialogResultプロパティで、戻したい結果を設定すれば良いので大変楽ですが、
なんらかの入力値や状態によっては、違う結果を戻したいこともあるかと思います。

その場合は、FormClosingイベント内で以下のように書く幸せです。

[VBの場合]

private _isComplete as Boolean '判定の為のフラグ

Private Sub dlg001_FormClosing(sender As System.Object, e As System.Windows.Forms.FormClosingEventArgs) Handles MyBase.FormClosing

    If (_isComplete = true) Then
        Me.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.OK
    Else
        Me.DialogResult = Windows.Forms.DialogResult.ReTry
    End If

End Sub

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中