ubuntu12.10をインストール後にgrub rescue

※‘grub_term_highlight_color’ not foundと表示されている状況でのgrub rescueはこちら

やや旧型のノートPCにWindowsXPとubuntuを同居させていました。

ubuntuは12.04を12.10にアップグレードして使用していたのだけれど、
ubuntuのパーテーションをまっさらにしてubuntu12.10を再インストールしてみました。
ようするに、WindowsXPはそのまま。ubuntuが入っていたパーテーションをきれいにして
12.10をクリーンインストールした形です。

インストール自体はすんなりと終了。
ところが!再起動後にgrub rescueの画面が・・・

とりあえず初体験の事なので、いろいろ調べながらやってみた時のメモです。

まずlsコマンドで、パーテーションの一覧を表示させます。

grub rescue> ls

表示は (hd0,msdos6) (hd0,msdos5) (hd0,msdos3) (hd0,msdos2) といった感じで表示されます。

次に、それぞれのパーテーションの中を同じくlsコマンドで見ていきます。
そして「boot/」ディレクトリがあるパーテーションを見つけます。

grub rescue> ls (hd0, msdos5)/

※ちなみに日本語キーボードの配列になっていないので注意
「(」 = shift+9
「)」 = shift+0
「=」 = ^

bootディレクトリの場所が分かったら以下のset prefixコマンドを入力します。

grub rescue>set prefix=(hd0,msdos5)/boot/grub

続いてinsmodコマンドを入力します。

grub rescue>insmod (hd0,msdos5)/boot/grub/i386-pc/normal.mod

上記のようにnormal.modというファイルに対してこのコマンドを行うのだけれど、
自分の環境だけなのか、12.10からこうなのか解らないのですが、
調べた時に出てきたのはboot/grub直下にnormal.modファイルがあるような記述でしたが
i386-pcディレクトリの中にありました。ここは環境とかで変わるのかもしれないので、
もし、上記のコマンドで駄目な場合はlsコマンドで、事前に調べたほうがよろしいでしょう。

次のコマンドでGRUBが起動されるはずです。

grub rescue>normal

さて、無事に起動したら端末上で以下のコマンドを実行します。
これをしないと、再起動後にまた上の手順をやるはめになります。

sudo grub-install /dev/sda

これで、無事に起動できるようになりました。
めでたし、めでたし。

広告

ubuntu12.10をインストール後にgrub rescue」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中