VBのWithEventで、DLLのイベントを発生を受け取る。

VisualBasicには幸せになれる機能がいくつもありますが、WithEvent、RiseEventもその一つでしょうか。
WithEventはイベントの発生をお手軽に捕捉できるので便利ですね。

なんらかの外部DLLでの使用例:


Public Class SamplClass

  Private WithEvents _evaSystem As EvaSystemLib '定義

  Sub New()
    _evaSystem = New EvaSystemLib() ’インスタンス化
  End Sub

  'イベント
  Private Sub ModeChange_Event(ByVal sender As Object, _
                 ByVal e As EvaSystemLib.EventArgs) _
                 Handles _evaSystem.ModeChanges

     If (e.Mode = 666) Then
        Start_Beast() 
     End If

  End Sub
End Class

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中