WindowsUpdateのKB2670838をインストール後にブルースクリーン頻発

KB2670838を何気に適用した後、ブルースクリーンがでまくりです。
環境はWindows7 64bit これまでのサービスパック及びアップデートは全てあたっています。
IE9をいじっている時、またはVirtualPC2007をあげた時などにブルースクリーンになりました。

マイクロソフトのサイトには次のように書かれています。

この更新プログラムは、次のコンポーネントのパフォーマンスや機能を改善します。
Direct2D
DirectWrite
Direct3D
Windows Imaging Component (WIC)
Windows Advanced Rasterization Platform (WARP)
Windows アニメーション マネージャー (WAM)
XPS ドキュメント API
H.264 Video Decoder
JPEG XR コーデック

いろいろと描画に関わるようなもののようですね。
ネットで調べても、ちょこちょこと不具合報告が見られます。
というわけで、しばらく様子見。

ちなみに自分はアンインストールではなく、システムの復元で戻しました。
システムの復元用プログラムの起動方法
・スタートボタンクリック → すべてのプログラム → アクセサリ → システムツール → システムの復元を選択

復元ポイントから、KB2670838の適用前のものを選びます。きれいに戻ります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中