Ubuntuアップグレード後にgrub_term_highlight_color not found

Ubuntu13.10をUbuntu14.04にアップグレードしたところ、
‘grub_term_highlight_color’ not found
とGrub Rescue画面が出て起動できなくなりました。

デュアルブートのWindowsも起動できません・・・
Grubが駄目になっているのですから当然です。

一応、既知のバグとなっているようですね。
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/grub2/+bug/1289977

この中に解決として以下の文章があります。
To fix the problem I had to boot to my persisting Ubuntu installation (e.g. using Super Grub Disk) and had to reinstall grub on my boot partition: “sudo grub-install –recheck /dev/sdx”
つまり・・・

sudo grub-install --recheck /dev/sdx

このコマンドが核心のようです。

で、無事起動した手順を記述します
(以下の海外サイトにあった手順を参考にしています)
http://askubuntu.com/questions/449680/upgrading-from-13-10-to-14-04-broke-grub

1:LiveCDで起動
まず何にしてもシステムを起動して中のファイルにアクセスしないといけません。
私はUbuntu13.10(64bit)のCDが手元にあったのでそれを使用しました。
起動できるならUSBなりなんでもいいです。

2:インストール済みのパーティションを把握
Live版で起動したら、インストール済みのUbuntuのパーティションを調べます。
lsコマンドで/media内のファイルを見ると楽かと思います。
私の環境では/media/ubuntu/199~という名称になっていました。
その後dfコマンドで一覧を表示し、/media内のファイルがどのデバイスに関連付られているかを見ます。
自分の環境では
/dev/sda5でした。

3:デバイスのマウント

sudo mount /dev/sda5 /mnt

/dev/sda5は手順2で見つけたデバイス名に置換えてください。

4:その他重要なファイルシステムのマウント

sudo mount --bind /dev /mnt/dev
sudo mount --bind /dev/pts /mnt/dev/pts
sudo mount --bind /proc /mnt/proc
sudo mount --bind /sys /mnt/sys

5:chrootコマンドを実行し、起点のディレクトリを変更

sudo chroot /mnt

以下、rootユーザで実行されます。

6:GRUBを更新

update-grub

参考にしたサイトには「/boot/grub/grub.cfg」がない場合に行うとありますが、とりあえず実行しました。

7:GRUBの再インストール

grub-install /dev/sda

/dev/sdaは環境により書き換えてください。 番号は付けないようにします。
(つまり「/dev/sda5」なら「/dev/sda」となる。)

8:GRUBのチェック

grub-install --recheck /dev/sda

いよいよ核心のコマンドです。 手順7と同じく/dev/sdaは環境により書き換えてください。

9:chroot終了~再起動
CTRL+Dを入力し、chrootを終了します。
その後システムを再起動してください。

上記手順で、見事にGrubが起動しました。
めでたし めでたし。

広告

WindowsUpdateのKB2670838をインストール後にブルースクリーン頻発

KB2670838を何気に適用した後、ブルースクリーンがでまくりです。
環境はWindows7 64bit これまでのサービスパック及びアップデートは全てあたっています。
IE9をいじっている時、またはVirtualPC2007をあげた時などにブルースクリーンになりました。

マイクロソフトのサイトには次のように書かれています。

この更新プログラムは、次のコンポーネントのパフォーマンスや機能を改善します。
Direct2D
DirectWrite
Direct3D
Windows Imaging Component (WIC)
Windows Advanced Rasterization Platform (WARP)
Windows アニメーション マネージャー (WAM)
XPS ドキュメント API
H.264 Video Decoder
JPEG XR コーデック

いろいろと描画に関わるようなもののようですね。
ネットで調べても、ちょこちょこと不具合報告が見られます。
というわけで、しばらく様子見。

ちなみに自分はアンインストールではなく、システムの復元で戻しました。
システムの復元用プログラムの起動方法
・スタートボタンクリック → すべてのプログラム → アクセサリ → システムツール → システムの復元を選択

復元ポイントから、KB2670838の適用前のものを選びます。きれいに戻ります。

SpiderOakのアンインストール

環境:Windows7 64bit

SpiderOakのクライアントソフトをWindows7にインストールしたのですが、どうもうまくバックアップが行われない状態になりました。
ブラウザからデバイス名を確認したのですが、デバイス名すら反映されていない様子。

一度アンインストールして、再度インストールしてみました。
ところが、前回の情報が残っていて、新規インストール時に出てきたユーザー名とパスワードの入力や、その後のデバイス名の登録画面が出てこないまま、メイン画面がいきなり表示されてしまう・・・。
別に問題にならない人も多いのかもしれないですが・・・

で、どこに残っているのか探してみると、

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\SpiderOak\

にありました。
このSpiderOakフォルダをソフトをアンインストール後に丸ごと削除。
その後、もう一度インストールすると今度はデバイス名の登録が出来る状態になりました。

VMWare Playerのアップデートに失敗

ホスト環境 Windows7pro 64bit

4.0.2にアップデートするため、VMWareのウィザードに従って作業。
ところが、旧バージョンのアンインストールが行われPC再起動をしてデスクトップが上がった後に、
「UIが~」どうのというメッセージボックスが表示されてアップデートに失敗した。

エラー発生タイミングは再起動後なので、一応は切れのいいところではあるのだろうけど・・・

ProgramFiles(x86)のVMWareフォルダの中を見ても空っぽ。
削除まではきれいにいったのだろうという判断で、アップデート作業中にダウンロードされたバージョン4.0.2のファイルを探してみた。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\VMware\vmware-download-16F0\cdstmp_player-windows_4.0.2_591240

このフォルダ内に
VMware-player-4.0.2-591240.exe
tools-windows-8.8.2.exe
の二つが入っていたので、「VMware-player-4.0.2-591240.exe」を実行。

インストールが行われ、PC再起動後にVMWareを実行してみると問題なく起動した。

ゲストOSを起動してみると、Toolsのアップデートを促すメッセージが画面下部に出ていたので
それも実行。ゲストOS再起動で無事にアップデート完了。

削除できないフォルダ

普通の方法では削除できないフォルダに出くわした。削除やリネームをしようとしても以下のメッセージが出てしまってどうにもならない。

「このファイルが見つかりません。
パスとファイル名が正しいかどうか確認してください。 」

OSはWindows7SP1 64bit
消せないフォルダはお気に入りの中にあった「Dell オンラインサポー 」
本来、「サポート」なんだろうけど、最後の一文字がなぜか切れている。
このフォルダはGoogleChromeブラウザのブックマークを、IE9にインポートした時にできたもの。

今日、新しいノートパソコンが来て、Live MeshでIEのお気に入りを同期をしてみようと思い設定してみたが、なにやらさっぱりうまく同期がされないので、一度整理するために同期を停止し、ローカルを別フォルダにバックアップしようとした時に判明した。

マイクロソフトのサポート情報にコマンドプロンプトからの削除方法が乗っていたけどうまくいかない。
http://support.microsoft.com/kb/131702/ja

ただしこのコマンドを打ち込んでいるときに原因は分かった
一見すると普通のフォルダ名に見えるけど、実際は「Dell、オンラインサポー、」ってな具合に「、」が含まれている。見えないけど。

どうしたものかと思って探してみると、いい情報が。
不正な名前のファイルを削除する
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/526badfile/badfile.html

ここに書かれているようにコマンドプロンプトから実行して、無事に削除完了

rd /s “\\?\C:\Users\<ユーザー名>\Favorites\Dell オンラインサポー “

今回はインポート時に何らかの原因なりパターンでなったのだろうけど、一つ勉強になった